どんなExcelグラフを使えば?まずは覚えたい4つの作り方と特徴

Excelグラフを作成する際に、どのグラフ種類を選べばよいかといったご質問をよく受けます。

今回は主に仕事で使われるグラフ4種類と特徴をご紹介します。

縦棒グラフ

横軸に沿って項目名が表示され、縦軸に数値が表示されるグラフです。
それぞれのデータを比較するのに、適しているグラフです。

 

 

 

折れ線グラフ

データの推移や傾向を分析するに、適しているグラフです。
編集方法も解説していますので、ぜひマスターしてください!

 

 

 

積み上げ縦棒グラフ

通常の縦棒グラフは、系列が横に並ぶのに対して、積み上げグラフは上に重なっていきます。
全体の合計、全体に対しての割合を見たいときに便利なグラフです。

合わせてデータテーブルの設定方法も説明しています。

 

 

 

円グラフ

全体に対しての割合を、視覚的に見たいときに活用するグラフです。構成比を見るのに適しています。
データラベルにパーセンテージを表示すると、わかりやすいグラフができるでしょう。

 

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト