エクセルを始めましょう!

まず、エクセルの画面構成の確認をしましょう。
まず以下の5つは最低限これだけは覚えてくださいね。まあ、これからしょっちゅう出てくるからいやでも覚えますけど(笑)

基本説明1

  • ワークシート・・実際に表やグラフを作成していく場所。
  • セル・・行と列が交わったデータを入力するマス目。
  • 列番号・・列の位置をアルファベットで表しています。
  • 行番号・・行の位置を数字で表しています。
  • アクティブセル・・選択された状態のセルのこと。その場所にデータを入力できます。

セルの位置は、行番号と列番号の組み合わせで表します。
例えば、画像でアクティブセルになっているところは、列番号がA、行番号が1なので、「A1」のセルです。

そして上記以外の画面の説明を。
リボン

シート

  • リボン・・さまざまな機能がボタンとして配置されています。
  • タブ・・目的のタブをクリック(マウスの左側を一回押す)することで、リボンの内容を切り替えます。
  • ウインドウの操作ボタン・・右端から最小化・元に戻す・閉じるのボタンが配置されています。
  • 数式バー・・選択しているセルに入力されているデータが表示されます
  • シート見出し・・ワークシート名が表示されていて、シートの切り替えができます。(Excel2013の場合。Excel2007,2010は、Sheet1,Sheet2,Sheet3とあります)

今は全部覚える必要はありません。ああ、こんな風になっているんだな~くらいでいいですよ。

では、Excelを始めましょう!

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト