Excelで一括で文字や書式を変更する方法

 

売上表の担当者名を間違えて入力してしまった」「一部商品名が変更されたんだよな」

ということがおきたとき、一つずつデータを変更していくの大変だなと感じたことはありませんか?

膨大なデータの場合、コピー&貼り付けをしてもすごく時間がかかります。

そこで役立つ機能が「置換」。

置換機能は、変更前の言葉と変更後の言葉を入力してボタンを押すだけで、一括で変更してくれる機能です。

データの量にもよりますが、1時間の作業が10秒ぐらいで終わるのではないでしょうか。

今回は「検索」機能も含めて、「置換」機能の使い方について解説していきます。

 

目次

  •  調べたい文字を検索
  • 一括で文字を変更する
  • 一括で書式を変更する

調べたい文字を検索

 

まずは検索機能のご紹介です。

下記の表から「金本」さんのデータを検索したいと思います。

検索と置換①

 

【ホーム→検索と選択→検索】をクリックします。

検索と置換②

 

次に検索する文字列の箇所に「金本」と入力します。

 

検索と置換③

 

あとは、一つずつ検索していく場合は、【次を検索】、「金本」と入力されているセルを一覧表示したい場合は、【すべて検索】ボタンをクリックして下さい。

 

検索と置換④

 

 

一括で文字を変更する

 

置換機能をしようして、「ディスプレイ」を「モニター」にすべて変更します。

まずは、【ホーム→検索と選択→置換】をクリックしましょう。

 

検索と置換⑤

 

検索する文字列に「ディスプレイ」、置換後の文字列に「モニター」と入力しましょう。

検索と置換⑥

 

次に、【オプション】をクリックして、検索場所を決定しましょう。

シート・・・現在選択されているワークシートだけを変更する場合

ブック・・・すべてのワークシートを変更する場合

検索と置換⑦

 

そして【すべて置換】ボタンをクリックします。

そうすると「ディスプレイ」が「モニター」にすべて変更されているのがわかると思います。

 

検索と置換⑧

検索と置換⑨

 

一括で書式を変更する

 

女性はフォントの色を赤に、男性は青に変更します。

置換機能では文字だけでなく、書式を一括変更することもできます。

まずは上記と同じように、【ホーム→検索と選択→置換】をクリックしましょう。

検索と置換⑩

 

検索する文字列に「女性」、置換後の文字列に「女性」と入力しましょう。

検索と置換⑪

 

置換後の文字列の右にある、書式ボタンをクリックします。

 

検索と置換⑫

 

【フォント→色】クリックして色を選びます。

そしてOKボタンをクリックします。

 

検索と置換⑬

 

OKボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。

【オプション】をクリックして、検索場所を決定しましょう。

シート・・・現在選択されているワークシートだけを変更する場合

ブック・・・すべてのワークシートを変更する場合

 

検索と置換⑭

 

あとは、【すべて置換】ボタンをクリックすると、女性のフォントが赤字になっていると思います。

男性のフォントを青字にする場合も同様に行います。

 

検索と置換-書式完成

 

 

まとめ

 

  • 文字や書式を一括変更したい場合は、【置換】機能を使いましょう。
  • 検索場所の「ブック」「シート」を忘れないように設定しましょう

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト