エクセルで最も重要なIF関数

 

表を作り、実際に使っていくと、もっと効率よく、そして見た目もよくしたい!と思ったことはありませんか?

簡単な計算の関数をマスターしたら、次に是非マスターしてほしい関数は『 IF関数 』。

条件に合わせて、空白だったり、文字列だったり、瞬時に結果を表示させてくれるので、使える範囲が広いのです。

また、求人で、『IF関数』できる方。という条件もみかけますので、是非、使えるようになりたいものです。

下記の動画では、Excelで成績結果を管理しています。

特待生の列には、合計点数が250点以上だったら、○を表示させます。

「関数の挿入方法」と「IF関数」の動画をご覧下さい。

関数の挿入方法

IF関数

まとめ

  • IF関数を使うと、自動入力できるようになります。
  • IF関数を使って、空白処理をしておくと、データが入力されていなくて、エラー値が表示されることを回避することもできます。

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト