エクセルの罫線を引くポイント

会員名簿

 

まだここでは[セルの書式設定]ダイアログボックスで設定する方法です。
今回で終わりです。

 

例えば、ボタンでの設定ではセルの右側に二重線を引きたい、
破線を引きたいと思っても、ないんですね。

あれ?そうだっけ?と思った方は、ちょっと確認してもらっていいですか?

[ホーム]タブにあるボタンは、早く設定するのには便利なのですが、それぞれの細かな好みに合わせた設定はできません。

でも![セルの書式設定]ダイアログボックスなら、それが可能なわけです!

会員名簿

では早速始めましょう。

ここでも、どこに対して・どの線を・どこに引くのかがポイントです。

セルの書式設定

 

まず、第1にどこに対して。
罫線を引きたい部分を範囲選択します。ここでは、A3からA8になります。
その後右クリックしてセルの書式設定ダイアログボックスを出しましょう。
第2に、どの線を。
二重線を、選択したセルの右側に設定したいわけですから、[線]の[スタイル]欄で二重線を選択します。
色は、お好きな色を選んでください(ここでは緑を選択しています)

第3 どこに引く
前回はボタンを使って線を引きましたが、今度は、プレビュー枠に表示されている、セルの右側に引かれた線を、直接マウスでクリックすると、直接クリックしたところの線が、二重線に変わります!
OKをクリック。

ボタンを使って、線を引く位置を指定することもできるわけですが、プレビュー枠で、該当する線を直接クリックして指定することもできるわけです!

上側でも下側でもない線
名簿

赤枠で囲んでいる範囲の横線のみ、実線にします。
A34からC8までを改めて範囲選択し、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。
表示されたダイアログボックスの[罫線]タブで設定していきます

 

実践を選択後(実践はどの太さでもOKです。お好みのものを選んでください)、線の位置の指定は、ボタンをクリックするか、プレビュー枠に表示されている線を直接クリックで指定し、[OK]ボタンをクリックすれば、変えたかった線を、実践に変更することができます。

(線を引くボタンを押したあとで、プレビュー枠の線もクリックしてしまった方は線が消えてしまいます。もう一度どちらかをクリックすると再設定できます)

 

罫線の組み合わせ次第で線の種類や、色の違うオリジナルな表ができます。

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト