保存したデータファイルが見つからない!という時の対処法

パソコンのデータが多くなってくると、どこにファイルを保存したのかわからなくなってきます。

 

それは家の中でも同じことですよね。荷物が多くなってくると、
「あの服どこにしまったんだろう・・・」
「爪きりどこにしまったかな・・・」など。
その時、「おーい!爪きりでてきてー」と叫んで出てきてくれないかなと思ったことありませんか?笑

 

さすがに家では叫んでも出てきてくれいないですが、パソコンでは、そのように叫んでいただくと瞬時に、データファイルを探しだしてくれます。

 

 

Windwos7の場合

左下の【スタート】ボタンをクリックします。

 

図3

次に、【プログラムとファイル検索】のボックスに、つけたファイル名を入力します。一部でも構いません。
(例:「在庫管理表」という名前をつけた記憶があれば、「在庫」だけでも構いません。)

図4

 

そうすると一覧が表示されますので、探していたファイルをクリックしましょう。

たくさんありどれかわからない場合は、【ファイル】をクリックして下さい。

 

図2
そうすると別画面で開くことができますので探しやすくなります。

 

図1

 

Windows8の場合

 

右にマウスを動かしていただくと、【検索】というボタンが表示されるのでクリックしてください。

 

図1

 

あとは、検索ボックスに入力して頂ければOKです。

 

図2

 

 

探していたデータファイルを見つけることができたら、またわかりやすい場所に名前を付けて保存をしておきましょう。

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト