エクセルで複数条件から答えを出す方法(IF&OR)

 

今回は、IF関数とOR関数を使い、複数条件のいずれかに該当している場合に、指定したものを表示します。
考え方や操作方法は、IF関数とAND関数の組み合わせと同じです。

Excelは、繰り返し操作することで身に付きます。復習の意味も込めて、確認していきましょう。

成績結果表の個別サポートの列に、国語、数学、英語のいずれかの点数が、60点未満の生徒に、「要」と表示させます。

IFとORの組み合わせ

 

まず、とりかかる前に頭を整理しましょう。

今回使用する関数は、条件表示したいので、→ IF関数

そして、複数ある条件の中からいずれかをみたしたものを設定したいので、→ OR関数

この2つの関数を使用します。

それでは、動画をご覧下さい。

まとめ

  • 最終的に表示したい関数から始めます。
  • 途中の関数で、うっかりOKボタンをクリックせずに、もとの関数に戻りましょう。
  • 【以上、以下、未満、~より大きい】← それぞれ意味が違います。入力に気をつけましょう。

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト