AVERAGE関数(アベレージ関数):平均

今回は、平均の出し方について学習していきます。

AVERAGE関数を用いると、簡単に平均を出すことができます。

関数の挿入方法から、平均を算出するところまで図でご紹介していきますので、
下記と同じように操作をして頂くとあなたもエクセルで平均を求めることができるようになります。

①  I3には鈴木さんの平均を出します。AVERAGE関数はΣ(合計)ボタンの一覧から「平均」を選びます。

AVERAGE関数1

②  近い数値群がAVERAGE関数の引数として選択されます。

AVERAGE関数2

③ C3からG3をドラッグし、選択しなおします。

AVERAGE関数3

④ AVERAGE関数で範囲内の平均値が算出されました。

AVERAGE関数4

⑤ 他の人の平均も出しましょう。

AVERAGE関数まとめ 

  • =AVERAGE(数値1,数値2…)
  • 数値の部分には、セルの範囲を入力するか、数値を入力
  •  例:=AVERAGE(A3:C3) 
  • 例:=AVERAGE(A3:C3,30) 
  • 例:=AVERAGE(C3:G3,C8:G8)

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト