複数の条件指定で解を出す(AND関数、OR関数)

 

関数の中で、合計を表すSUM関数と同じくらいに出てくる関数がAND関数とOR関数です。

AND関数とOR関数も2つ以上の条件をひとつの式に入れたい時に使うものです。

  • AND関数は、AもBも両方とも満たす場合。
  • OR関数は、AもしくはBのどちらか一方を満たす場合 です。

1.AND関数

① 以下のように入力しましょう。

AND関数とOR関数①

中間テストで、国語と英語が70点以上の場合をクリア(合格)とします。

条件としては

条件① 国語が70点以上
条件② 英語が70点以上 の二つです。

 

② E3セルを選択し、fx(関数の挿入)をクリックします。関数の種類を「論理」にします。AND関数を選びましょう。

AND関数とOR関数②

AND関数とOR関数③

③ 今回の条件を数式に直すと下記のようになります。
AND関数の引数欄に、それぞれの条件となる数式を1つずつ入力していきます。

条件① 国語が70点以上➡B3>=70
条件② 英語が70点以上➡D3>=70

AND関数とOR関数④

OKをクリックします。

④オートフィルを使って数式をコピーしましょう。

AND関数とOR関数⑤

⑤ 完成です。

AND関数とOR関数⑥

AND関数の結果はTRUEとFALSEで表示されます。

もう少しわかりやすく表示されてもいいのですが、そもそもAND関数は、設定した複数の条件全てを満たしているかどうかを判別します。

「設定した条件全てを満たしていますか?」という質問に「TRUE(条件を満たしています)」か「FALSE(条件を満たしていません)」という判定が表示される、というわけです。

ちなみにAND関数は複数の条件全てを満たしているかを判別しますので、片方の条件だけ満たしているだけでは「TRUE」は表示されません。

 

2.OR関数

AND関数が条件をすべて満たしているかを判別するのに対し、OR関数は設定した条件のどれか一つ満たしているかを判別します。

① 合否②を追加しましょう。

AND関数とOR関数⑦

 

② 引数の設定方法はAND関数と同じです。論理を選び、ORをクリックします。

AND関数とOR関数⑧

AND関数とOR関数⑨

OKをクリックします。

③オートフィルを使って数式をコピーしましょう。

AND関数とOR関数⑩

④ 完成しました。

AND関数とOR関数⑪

設定した条件のうちどれか1つでも満たしていれば「TRUE(条件を満たしています)」と表示されます。

AND関数にしても、OR関数にしても、条件は30個まで指定できます。

ただ、やはり結果がTRUEとFALSEではわかりにくいですね。 次回はもう少しわかりやすく表示する方法を学習しましょう。

 

まとめ

  • AND関数は複数の条件があった場合、それら複数の条件すべてが満たされているかどうかを判定する
  • OR関数は、複数の条件があった場合、そのどれか一つが満たされているかどうかを判定する
  • TRUEは、条件を満たしている場合、FALSEは満たされていない場合に表示される
  • AND関数にしても、OR関数にしても、条件は30個まで指定できる

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト