Excelで【コピー】&【貼り付け】がうまくいかないときの対処法

Excelでコピーをして貼り付けをするときに、うまくいかなことは多々あります。

一緒に書式もついてきてしまう、列幅が一緒にならない・・・など

時間をかけて操作をしていけば、なんとか解決できるのでお仕事で使われている方は、「時間かかったができた」とできたことに満足をし、時間がかかったことをスルーしています。

貼り付け方には色々な方法があります。
書式だけ貼りつける、数字のみ貼りつける、列幅も貼りつける。

今回は、その貼り付け方を何種類かご紹介します。

  1. 値の貼り付け
  2. リンク貼り付け
  3. 書式のみ貼り付け
  4. 列幅の貼り付け
  5. 演算貼り付け
  6. 行列を入れ替えて貼り付け

値の貼り付け

図のように入力しましょう。合計の欄は、塗りつぶしの色を赤に書式設定しています。ホームタブのフォントグループにある塗りつぶしの色を赤にします。

合計は計算はせず、数値を入力します。

 

値の貼り付け①

① F8セルにF6セルの数値のみをコピーしたいと思います。
元のセルに数式が入っている場合、コピーするとそのまま貼り付けされます。

では今回のような書式はどうでしょう。やってみましょう。

値の貼り付け②

③ 書式も引き継がれてしまいました。数式以外にも普通にコピー貼り付けだと書式も引き継がれてしまいます。数値だけをコピーしたい場合は値の貼り付けでやってみましょう。

F6セルを選択し、コピーをクリック、次に貼り付け▼の「▼」をクリックしましょう。  貼り付けオプションの一覧が出てきますので、「値の貼り付け」の「値」をクリックしましょう。

 

値の貼り付け③

④ 値だけがコピーされました。数式や書式を引き継ぎたくない場合は、「値の貼り付け」を使います。

 

値の貼り付け④

リンク貼り付け

元データが変更されると参照先のデータも自動的に変更されたら、手間が省けますね。

このような場合に、リンク貼り付けを使います。イメージはこんな感じです。

 

リンク貼り付けイメージ

①B2セルからF8セルを範囲選択し、コピーをクリックしましょう。次にB10セルを選択し、貼り付けをクリックします。

 

リンク貼り付け①

② B10セルに貼り付けられました。では、次にF5セルの「30」を40に入力し直し、Enterで確定しましょう。

 

リンク貼り付け②

③ F13セルも30から40に変更されました。コピー元に何も入力されていない場合、コピー先のセルには「0」が表示されています。

 

リンク貼り付け③

書式のみ貼り付け

リンク貼り付けはされましたが、貼り付け先には書式は引き継がれませんでした。今度は、B6セルの「合計」に書式のみ貼り付けてみましょう。

① F8セルを選択し、ホームタブのクリップボードにある「書式のコピー/貼り付け」をクリック、次にB6セルをクリックします

 

書式のみコピー貼り付け①

②書式の塗りつぶしがコピーされました。

 

書式のみコピー貼り付け②

列幅の貼り付け

① では、B列の幅が少し広いので、小さくしておきましょう。
B列とC列の間にマウスを持っていき、ダブルクリックしましょう。
B列が最適な幅になります。

 

列幅の貼り付け①

② 今回は、B列の幅をそのままでコピーし、別の場所に貼り付けたいと思います。
B1セルからF8セルを範囲選択し、コピーをクリック、貼り付けをクリックします。

 

列幅の貼り付け②

③ H1セルの幅が広がりました。最初の列幅で貼り付けられるのです。

 

列幅の貼り付け③

いちいち列幅を変更するのも面倒だし・・今回のように列幅をそのままに貼り付けたい場合は、[ホーム]タブ→[貼り付け]アイコン下の「▼」マークをクリックして、「元の列幅を保持(W)」アイコンを選択します。

④ B1セルからF8セルを範囲選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。次にH1セルを選択し、[ホーム]タブ→[貼り付け]アイコン下の「▼」マークをクリックして、「元の列幅を保持(W)」アイコンを選択します。

 

列幅の貼り付け④

元の列幅を保持

⑤ 列幅が適用され、元と同じ列幅になりました。

 

列幅の貼り付け⑤

この貼り付けの仕方では今回のように同じワークシート内でも、新しいワークシートでも同じ列幅となります。

演算貼り付け

Excelで作成した表などの数字に、一度に足し算や掛け算をしたい時はありませんか?そんなとき演算貼り付けを使いましょう。

① 今回は足し算をしてみましょう。C列に足したい数字「60」を、C9セルに入力し、コピーをクリックします。

 

演算貼り付け①

②一度に計算(足し算)したい列(今回はC2セルからC6セル)を範囲選択し、ホームタブのクリップボードにある貼り付けボタンの▼をクリックし、「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

 

演算貼り付け②

③形式を選択して貼り付けダイアログボックスが表示されますので、加算を選択し、OKをクリックします。

 

形式を選択して貼り付けオプション

④ C2セルからC6セルの数値に60が足されました。

 

演算貼り付け③

演算貼り付け⑤

演算は、足し算(加算)以外にも引き算(減算)、掛け算(乗算)、割り算(除算)ができます。

では、D9セルに任意の数値(図では100)を入力し、
演算貼り付けで掛け算しましょう。

形式を選択して貼り付けダイアログボックスを出すのでしたね。

 

演算貼り付け⑥

形式を選択して貼り付け

演算貼り付け⑦

うまくできましたか?

では、今度はE9セルに「2」を入力し、こんどは除算(割り算)にしてみましょう。

つづいて、F9セルには、「10」を入力し、減算(引き算)しましょう。

 

演算貼り付け⑧

 

行列を入れ替えて貼り付け

表を作ってみたものの行と列を入れ替えたいと思ったことはありませんか?
いちからやり直す必要はありません。Excelなら簡単に行と列を入れ替えることができます。

① まずは、行と列が入れ替えたときにわかりやすいようにB列に文字を追加しましょう。図のように入力しましょう。

 

行と列を入れ替える①

② B2セルからF8セルを範囲選択し、コピーをクリックします。
次にB10セルを選択し、貼り付け▼の「▼」をクリックしましょう。
一覧が出てきますので、「貼り付け」のなかの「行と列を入れ替える(T)」をクリックします。

 

行と列を入れ替える②

行と列を入れ替えるボタン

③ 行と列が入れ替わりました。このようにExcelでは簡単に行と列を入れ替えることができるのです。

 

行と列を入れ替える③

 

まとめ

 

  • ただの貼り付けでは数式や書式はコピーされるが、値の貼り付けにすると値のみがコピーされます。
  • リンク貼り付けは、元データを変更すると参照先のデータも自動的に変更されます。
  • セルの罫線や背景色、フォントの文字色や太さなど、セルの「書式だけ」をコピーして別なセルに貼り付けたいとき、書式のみ貼り付けが便利です。

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト