Excel文字(フォント)に対する設定一覧

 

セルに入力した文字や数字を「データ」と呼びます。

データを少しでも見やすくするために、Excelでは各セルに「飾り付け」をすることができます。

データへの飾り付けのことを、「書式」と呼びます。

今回は、下の図のように各セルに入力したデータに、書式を設定していきます!

今回ご紹介する基本の書式設定は、すべて[ホーム]タブにあるボタンで設定できます。

文字のサイズ

①まずは図のように入力してください。

フォントサイズ①

②A1セルの「岡本家のお掃除当番」の文字サイズを大きくしたいと思います。A1セルを選択しましょう。

フォントサイズ②

③[ホーム]タブ、[フォント]グループの[フォントサイズ]ボックスを見てみると、「11」と表示されています。[CTRL]+1で、セルの書式設定の画面を出しましょう。

フォントサイズ③

 

④「サイズ(S)」でのフォントは現在11になっています。横の■を下へ下ろして22を選択しましょう。

フォントサイズ④

⑤ 文字のサイズが大きくなりました。サイズ変更しても気に入らなければ、セルの書式設定の画面から選びなおせます。

フォントサイズ⑤

 

フォントの変更

では、このままA1セルを選択した状態で、フォントを変更してみましょう。

フォントは「書体」のことです。

①A1セルを選択した状態で[CTRL]+1でセルの書式設定の画面を出し、「フォント」タブをクリックします。

 

フォント①

 

 

②フォント名が、現在はMS Pゴシックになっていますね。■を下へ下ろしてお好きなフォントと選びましょう。プレビューで確認しOKをクリックします。

図ではAR P丸ゴシック体Mを選んでいます。プレビュー表示されますのでどのような書体になっているかがわかりますね。

フォント②

 

③フォントが変更されました。これも何度でも変更できます。

 

フォント③

太字

「岡本家のお掃除当番」は、タイトルになりますので、もう少しはっきりさせたいと思います。

太字にしてみましょう。

①A1セルを選択した状態で[CTRL]+1でセルの書式設定の画面を出します。フォントタブをクリックしましょう。

 

太字①

② スタイルで「太字」をクリックします。

 

太字②

 

③太字になりました。プレビューで確認しOKをクリックましょう。

 

太字③

斜体

今回は、文字を斜めにする「斜体」です。

①A1セルを選択した状態で[CTRL]+1でセルの書式設定の画面を出します。フォントタブをクリックしましょう。

斜体①

 

②スタイルの「斜体」をクリックします。

 

斜体①

 

 

③プレビューで確認できますので、確認後OKをクリックします。

 

斜体③

下線

では、「岡本家お掃除当番」に下線を引きます。

①A1sセルを選択した状態で[CTRL]+1でセルの書式設定の画面を出し、「フォント」タブをクリックします。

 

下線①

 

②「下線(U)」は現在「なし」になっています。vをクリックし、「二重下線」を選択しましょう。

プレビューで確認し、OKをクリックします。

 

下線②

 

③二重下線が引かれました。

下線③

セルの結合

複数のセルを結合してセルの内容を 1 つにまとめて表示する機能をセルの結合といいます。

今回は、セルの書式設定ではなく、リボンを使います。

①A1セルからI1セルを選択し、「セルを結合して中央揃え」をクリックしましょう。

 

セルの結合①

 

②セルが結合され、表の中央に文字が移動しました。

セルの結合②

均等割り付け

均等割り付けとはセル内において、文字を均等に割り付けて表示する方法です。

①B2セルを選択し、[CTRL]+1で、セルの書式設定画面を出します。今回は配置タブ(左から2番目)をクリックします。

 

均等割り付け

 

②文字の配置の横位置が標準となっています。横のvをクリックし、「均等割り付け(インデント)」を選択しましょう。次にOKをクリックします。

 

均等割り付け②

 

③B2セルの文字がセル内で均等になりました。ほかの2列目の文字すべて均等割り付けしましょう。

なお、均等割り付けは全角のみ対応します。半角は中央揃えとなります。

 

均等割り付け③

 

インデント

インデントは、セル内の左右に一定の空白を取ります。

①A3からA9を範囲選択し、「インデントを増やす」をクリックします。

 

インデント①

 ②1文字分、右へ移動しました。

 

インデント②

まとめ

  • データへの飾り付けのことを、「書式」と呼びます。
  • セルの書式設定の画面では様々な書式を設定できます。
  • セルの書式設定の画面にある各タブをクリックするとそれに関してのさまざまな設定ができます。(例:フォントタブなら、フォントに関して)
  • 均等割り付けとはセル内において、データを均等に割り付けて表示する方法です。
  • 均等割り付けは全角に対してのみできます。半角は中央揃えとなります。
  • インデントは、セル内の左右に一定の空白を取ります。右揃えにするより右側に空白ができます。

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト