リストからデータを抽出する方法(文字・数値編)

データ抽出

 

データから簡単にほしいデータだけを抽出できたら、

もっと他の業務に時間を使えるのに…なんて思っていませんか?

 

今回ご紹介するのは、文字・数値をリストから抽出する方法を解説していきます。

 

この機能を使いこなせると、簡単にデータを抽出することができます。

これであなたも仕事のスピードが格段に向上するでしょう!

最後に動画もご用意していますのでご覧下さい。

 

目次

  1. フィルターの設定と解除
  2. 抽出の設定
  3. 条件抽出(数値編)

 

 

フィルターの設定と解除

 

まずはフィルターをリストに設定します。

リスト内どれでもいいので、セルを1つ選択します。

 

フィルターの設定と解除①

 

【データ】タブ→〔並べ替えとフィルター〕グループの「フィルター」をクリック

 

フィルターの設定と解除②

 

 

そうすると、リストの各項目に ▼ がつきました。

 

フィルターの設定と解除③

 

 

フィルターを解除する時は、再度「フィルター」をクリックしてください。

 

抽出の設定

 

先ほどご紹介した、フィルターを使い、実際に抽出していきます。

ここでは、フィルターを使い、「倉敷店」のデータだけを表示していきます。

 

項目〔店舗名〕のフィルター〔▼〕をクリックします。

 

抽出の設定①

 

 

すると枠内に店舗名で使用されている「岡山店」「倉敷店」「津山店」「福山店」の一覧が表示されます。

今回は、「倉敷店」のデータのみがほしいので、「倉敷店」以外のチェックを外します。

※種類が多い時は、「(すべて選択)」のチェックを外してあげると、すべてのチェックが外れるので、手間が省けます。

 

抽出の設定②

 

 

OKボタンをクリックすると、倉敷店のデータだけが表示されて、ほかのデータは非表示になります。

 

抽出の設定③

 

 

フィルターがかかっている状態をクリアにしたい時は、項目〔店舗名〕フィルター〔▼〕をクリックし、 [ 店舗名 からフィルターをクリア]をクリックします。

 

抽出の設定④

 

 

そうすると、元の状態に戻ります。

 

抽出の設定⑤

 

 

条件抽出(数値編)

 

では、単価が1,700円のデータだけを表示します。

項目〔単価〕のフィルター〔▼〕をクリックします。

 

「(すべて選択)」のチェックを外して、「1,700」に再度チェックを入れます。

 

条件抽出(数値編)①

 

 

そうすると、単価が1,700円である3件のデータのみ抽出されました。

 

条件抽出(数値編)②

 

フィルターをクリアし、元に戻しておきましょう。

 

 

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト