エクセルで関数の中に「関数」を入れる方法

 

晴れて、IF関数が使えるようになりました!あっ、でも条件が複数ある…。

そこで大活躍するのが、『関数のネスト』新しく覚える関数ではありません。

関数の中に関数を入れるだけのことです。この考え方をマスターすると、今後いろいろな場面で役立つでしょう!

関数のネストとは?

 

関数のネストとは、関数の中に関数を入れ子にすることです。

それでは今回は、IF関数を使って、成績結果表の評価欄に、合計点数が、250点以上の生徒には「A」200点以上の生徒には「B」、それ以外の生徒には「C」と表示させます。

下記の動画をご覧下さい。

まとめ

条件の付け方によって、数式はいろいろなパターンができます。比較的、数字が大きいもの、小さいものから論理式に数式を入れていくのがやり易いです。

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト