失敗しない、パソコンの選び方【種類とメーカー】

ノートパソコン

パソコンには たくさんの種類があります。

その中から、使いやすいパソコンを選ぶというのは大変です。

でもどのような目的で、パソコンを使用するかがはっきりわかっていれば、
自分に合ったパソコンを見つけることができます。
失敗しない、 自分に合ったパソコンの選び方を 基本的なことから順番にご紹介します。

 

まずは種類

・持ち運びをするか
・どのような内容をするか

それだけ?と思うかもしれませんが、まずはここからスタートです。
パソコンには2種類あります。

・デスクトップパソコン
(タワー、省スペース、一体型パソコン)
・ノートパソコン

 

■デスクトップパソコン

デスクトップパソコン

設置スペースを広く取るが、 様々な機能を搭載する事ができ、 性能が高い パソコンパーツも搭載できる。

また、小型化するために必要な コストなどがかからないため、 同じ機能性能で比べると、 比較的にノートパソコンよりも安く購入できる。

デスクトップは主に、 通常タイプか、一体型タイプか の選択が必要です。

パソコンのパーツを変えたり、周辺機器を色々つなげて使いこなしたりしたい場合は通常のデスクトップ。

しない場合はスペースを抑えられる一体型がよいでしょう。

■ノートパソコン

ノートパソコン
持ち運びをするかどうかポイントになります。

ご自宅の中でも持ち運びをしたい方はノートが良いでしょう。

通常はノートの方が高いので、持ち運びをしない場合は、置くスペースなども考えたうえで、デスクトップの方がよいでしょう。

まず購入するうえで、決めたいところはここですね。

 

パソコンはどのメーカーがいいの?

よく受講生からパソコンはどこのメーカーがお勧めですか?
と質問されます。

私の見解から言うと、受講生がすごく気にされるほど重要ではないと思っています。

優先順位で言うと最後の方でいいんじゃないですか?と答えます。

なぜかというと、パソコンで困ったり不満に思うことは、 動きが遅かったり、容量が少なかったりで、それはパーツの性能だったりするので、メーカーはあまり関係ありません。

「あそこのメーカーはよくないよね」と言われる方は、過去に何かトラブルがあって言われていると思います。

つまり、中身の性能や大きさ、軽さを重要視して選んで頂きたいと思います。

サポート体制やよく壊れないかなど、メーカーは自分が経験してみないと、 良い悪いが言い切れないと思います。

各メーカーの特徴

メーカの一般的な特徴をご紹介します。

■日本HP(ヒューレット・パッカード)

性能が良いのに安価。
性能・デザイン・価格のすべてに満足できるのメーカー。

特にデスクトップパソコンの品質が高くおすすめ。

初めて自分で購入される方は、量販店では、あまり売っておらずネット販売が中心なので、おすすめできないですかね。

■DELL(デル)

コストパフォーマンスがよい。
似たような構成でも他社より安価なメーカー。

初めて自分で購入される方は、量販店では、あまり売っておらずネット販売が中心なので、おすすめできないですかね。

■NEC

日本シェアNo.1。(2014年度調べ)
日本のパソコン業界を牽引してきたパソコンメーカー。

初めてパソコンを購入する方におすすめ。
当教室受講生の方も多く使われています。

■富士通

初心者に優しいメーカー。
国内生産の高い品質、分かりやすい電子マニュアル、充実したサポートなど、子供からお年寄りまで初心者に優しいメーカー。
他にも、「SONY」や「dynabook(ダイナブック)」、「SHARP」など有名なパソコンメーカーがあります。

それぞれのメーカーの製品の特長を少し下調べしてからパソコンを買いに行くと、お店に行って迷わなくて済むかもしれませんね。

あなたには、どのメーカーがあっているでしょう?

 

私の体験談

以前の会社では、DELL(デル)を使っていました。

低価格であまり問題もなかったので。

実際に今教室でも使っています。

しかし、最近はよく不具合のお話しをお客様から聞きますし教室のパソコンも無線LANが数台よく切れます。

日本HPのパソコンやDELLの4台中2台は、無線LANが切れないのでパソコンの不具合のようです。

また今はどうかわかりませんが、オペレーターの方がカタコトで、話されるので話しがかみ合いません。

ということで、現時点では、DELLはオススメできません。

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト