ノートパソコンのマウス操作がやりにくい!タッチパッド無効方法!

 

ノートパソコンを使用する際、マウスを活用していますか?それともキーボードと同じような箇所に設置されているタッチパッドを使用していますか?

 

タッチパッドを使用していると、入力をしているときに、タッチパッドに触れてしまい操作が不都合になったことはないでしょうか。

 

デスクトップであれば、キーボードとマウスが別々であるのでそんなことにはなりませんが、タッチパッドの場合は多く見受けられて、悩まれている方は少なくありません。

 

今回は、そんなタッチパッドの無効方法について解説していきます。

 

Windows7の場合

  1. スタートボタンからコントロールパネルをクリック

図2

 

 

2.ハードウェアとサウンド

 

図1

 

3.【マウス】をクリックします。

 

4.【ボタン】タブをクリックして、【パッドボタン設定】欄の【左右ボタン】ボックスをクリックし、一覧から【Pad操作面機能停止】をクリックしたら、「OK」をクリックします。

 

 

Windows8.1の場合

  1. 【Windowsキー】を押しながらキーボードの【X】を押します。
  2. 【コントロールパネル】を表示させてます。
  3. 表示方法が【カテゴリ】になっていることを確認してから、【ハードウェアとサウンド】をクリックします。
  4. 【デバイスとプリンター】欄の【マウス】をクリックします。
  5. 【マウスのプロパティ】が表示されるので、ご使用のパソコンに搭載されているNXパッドの種類によって画面が異なるため、表示された画面を確認し、以下の該当する項目を参照してください。
  6. 「マウスのプロパティ」が表示されたら、【USBマウス接続時の動作】タブをクリックし、【自動的にNXパッド操作を無効にする(ボタンは有効)】にチェックを入れて、OKをクリックします。

参照:https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014788

 

Windows10の場合

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. 設定
  3. デバイス
  4. マウスとタッチパッド
  5. マウスの接続時にタッチバッドをオフにしないを【オフ】にする

参照:http://ap-land.com/archives/10730

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト