必須関数!Excelで検索条件に一致したデータを検索し、取り出してくれる関数

 

本日はExcelで覚えておきたい関数として上位にくる「VLOOKUP」という関数をご紹介します。

 

VLOOKUPとは?

 

指定した範囲の中から検索条件に一致したデータを検索し、取り出してくれる関数です。

例えば下記の表を見て下さい。

図1

 

下記の表の部分の【商品コード】を入力すると、右の対応表から自動的に【商品名】【単価】が表示されるようにしていきます。

 

自動的に表示されるようになった場合と、表示されなくて手入力することを考えたたとき、どんなに楽かおわかりいただけましたか?

 

VLOOKUPの概要

 

関数を挿入すると全部で下記の4か所に設定して頂きます。
関数の挿入方法がわからないかたはこちら

 

= VLOOKUP( 検索値 , 範囲 , 列番号 , 検索方法 )

検索値…データ表から探す元となる値(ここでは商品コードの値)
範囲…データの一覧表全体
列番号…表示したい値が一覧表の何列目にあるのか(ここでは、商品名を表示したいので、2列目)
検索方法…範囲から検索値を探すときの検索方法

検索値に完全に一致する→「完全一致」
検索値範囲の最低の値 →「近似値」

VLOOKUP関数には「完全一致」「近似値」という種類があります。今回は2種類のVLOOKUP関数を動画つきで解説していきます。

 

VLOOKUP関数(完全一致編)

検索値に完全に一致する値を返します。
一致すれば返してくれるので、今回みたいに商品コードといった番号でなくても、文字列でも大丈夫です。検索値を完全に一致するデータが無い場合エラー値「#N/A」が返されます。

<動画>

 

VLOOKUP関数(近似値編)

 

検索値範囲の最低の値を表示します。近似値の場合は対応表の作り方に注意点がございます。

まずは範囲の左端の列にある検索値(動画の中では点数。)を昇順(少ない順)に並べ替えておく必要があります。 昇順になってない場合、正しい結果が求められません。
<動画>

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト