膨大なExcel表で役立つ、行列を固定方法!

 

 

在庫表、顧客リストなど大きな表をExcelで操作している際、下にスクロール、右にスクロールし、画面をよく上下左右に動かしていませんか?

それはリストの一番上にある、項目名が見えなくなってくるため上下にスクロールしているのだと思います。

今回ご紹介する機能は、「ウィンドウ枠の固定」。

ウィンドウ枠の固定を使用すると、指定した行や列を固定することができるので、下にスクロールしても項目名がずっと表示されています。

上下左右にスクロールをする必要がなく、デーを見やすくできるようになります。

 

目次

  1. 行のウィンドウ枠の固定
  2. 列のウィンドウ枠の固定
  3. 行列のウィンドウ枠の固定

 

 

行のウィンドウ枠の固定

 

このような在庫表取り扱っているとします。

 

ウィンドウ枠の固定①

 

まずは行(項目名)の固定を行っていきます。

項目名下の5行目を選択しましょう。

 

ウィンドウ枠の固定②

 

メニューの【表示】→「ウィンドウ枠の固定→ウィドウ枠の固定」をクリックします。

 

ウィンドウ枠の固定③

 

そうすると、下にスクロールしても4行目までは、常に表示されている状態になります。

 

ウィンドウ枠の固定④

 

列のウィンドウ枠の固定

 

次は、D列までを固定します。

右のE列を選択します。

 

ウィンドウ枠の固定⑤

 

メニューの「表示→ウィンドウ枠の固定」をクリックします。

しかし、「ウィンドウ枠の固定」がなく、「ウィンドウ枠の解除」になっていると思います。

行の固定を解除しないと列は固定できないようになっていますので、ここでは、「ウィンドウ枠の解除」をクリックして下さい。(後ほど両方の設定を行います)

ウィンドウ枠の固定⑥

 

そして、再度メニューの「表示→ウィンドウ枠の固定→ウィンドウ枠の固定」をクリックして頂くと列の固定ができます。

ウィンドウ枠の固定⑦

行列のウィンドウ枠の固定

 

行列ともに設定を行いたいと思います。

上記で解説させて頂いたように、一つずつすることはできません。

両方とも固定したい場合は、一括で設定する必要があります。

ポイントはセルの選択場所です。今回、行は4行目・列はD列を固定します。

交わるセルは「D4」です。

その交わっているセル「D4」の右下「E5」を選択しておきましょう。

 

 

ウィンドウ枠の固定⑧

 

そして、後は上記と一緒のように「表示→ウィンドウ枠の固定→ウィンドウ枠の固定」をクリックします。

 

ウィンドウ枠の固定⑨

 

行列ともに固定することができます。

 

まとめ

  • 行を固定する場合は、固定したい行番号の下の番号をクリックしましょう。
  • 列を固定する場合は、固定したい列番号の右の番号をクリックしましょう。
  • 両方とも固定したい場合は、一括で設定する必要があります。その際はその交わっているセルの右下選択しておきましょう。

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト