再就職・転職に必要なWordスキル

 

事務職未経験から事務職へ…再就職のためのパソコンスキル。
前の職場で一緒に働いていた主婦の方が、ご自身の経験から下記をテーマにお話しして下さいました。
専業主婦・離婚を考えている人、事務職や営業職未経験者の方が知っておきたいパソコンスキル(Word編)
上記に当てはまる方は役立ちます。

 


<略歴>

再就職を目指して、出産前はサービス業に就いていました。

ですが子供と一緒にいる時間などを考えて、平日の日中勤務が主な事務職に就こうと考えました。

そこで学び始めたのがワード、エクセル、パワーポイントなどのパソコンスキルでした。

 

未経験から、パソコンインストラクターそして、もともと希望していた事務職(総務部事務)につき、 実際に一般的な事務でWordをどれくらい扱うことができたらいいのか、自分が感じたこと、他の方の困っている様子を見て感じたことです。

 

<経験>

文書を作成する機会はたくさんありました。

いちから作成すること、もともとある文書を編集することもありました。

 

いちから作成するときはまだ困ることはないのですが、他人が作成した文書を編集するのは、意外とやっかいなことです。
それなりワードの操作を熟知していないと時間がかかります。

icon-arrow-circle-o-right 文字入力全般

icon-arrow-circle-o-right インデント

icon-arrow-circle-o-right 罫線

icon-arrow-circle-o-right タブとリーダー

icon-arrow-circle-o-right 編集記号の表示非表示

icon-arrow-circle-o-right 写真や図の挿入

icon-arrow-circle-o-right 表作成

icon-arrow-circle-o-right ページ設定

 

上記は最低使えないと、困ります。
また、私の元職場は会議文書や発表文書など、頁が長いものや、複数人で編集する文書などもあったので、 さらに下記の操作ができたら、なお仕事の効率が上がりました。

 

icon-arrow-circle-o-rightヘッダーとフッター

icon-arrow-circle-o-right変更履歴

icon-arrow-circle-o-rightコメント

icon-arrow-circle-o-right差し込み文書

 

その他、知っていた良かったことは、ビジネス文書の作成方法、例えば、文書番号は右揃え、日付や発信者の位置など、基本的操作を覚えたら、必ずビジネス文書についても学んでおいたほうがいいです。

 

自宅でわからないときは、ネット検索して、調べることができます。ですが、会社によっては、ネットの閲覧制限を設けていて、調べることができないこともありますので、こちらも注意です。


 

Excelの方が主流で、使われている人も多いですが、今回のお話しでWordのスキルもしっかりと身につけておく必要がありそうですね。

 

 

この記事が参考になった方は
いいね!して下さい

MOS対策テキスト【オススメ】

初心者向けExcelマクロ講座

学習サイト